寺田寅彦記念館友の会Top

小津神社


2013年4月26日 寺田家の願掛けのため奉納したものが残っているという小津神社を訪ねました。(2008,2010にも)


小津神社は江の口地区の氏神様です。


4月29日の大国祭の準備が着々とできていました。


左の狛犬さん。


右の狛犬さん。
奥にも狛犬さんがいるようです。


小さめの狛犬さんが赤いエプロンをしています。


かわいいですよね。


大黒様が俵の上に鎮座しています。
2006年12月17日の高知新聞には四国最大の大黒様だということで紹介されていました。

2008.12.30
玉垣にはきれいな説明板が設置されています。

2008.12.30
瓦屋根の立派な手水舎です。


祭神は大黒様の父にあたる須佐之男命(スサノオノミコト)と
大綿津見命(オオワダツミノミコト)で、元は熊野大権現と呼ばれる
小津村の氏神で、熊野の那智大社を本社とするのだそうです。


神社ではあまりみかけたことのない灯籠です。


寺田利正、男 寅彦という名が見えます。


寅彦が青年時代に肺を患った折りに、小津神社に病気平癒の
願をかけたという。
霊験あらたかな神社のようです。


この石橋が祈願成就した願ほどきに
寅彦の父が奉納したものだということです。
寅彦は須崎で療養生活を送りました。

2010.09.16
新しく説明板がありました。


ご神木です。


樹齢は約300年だそうです。

寺田寅彦記念館友の会Top