TopPage寅彦と先祖たち>宇賀家先祖の墓所

宇賀家先祖の墓所


2010年12月14日
寺田寅彦の父、利正は宇賀家から寺田家へ養子として入りましたが、その宇賀家の先祖の墓所を訪問しました。


ここは国道56号線の久礼坂を上り詰めた七子峠です。
自動車道の工事が進み、谷を渡る橋梁が見えています。


七子峠の交差点から大野見方面に入り少し走ると大野見トンネルがあります。


トンネルから下り、四万十川上流にさしかかるところにある
旧大野見村の役場、現在は中土佐町大野見支所です。
平成の大合併で大野見村と中土佐町が合併しました。
ここで地域のガイドパンフレットをもらいます。
この前には豊富な資料を展示した民俗資料館があります。


支所の近くの橋を渡り、窪川方面への県道19号線を2kmほど進むと(小さなトンネルを出たら
右に進みます)「寺田寅彦祖先(宇賀家)の墓地屋敷案内」看板が見えてきます。
ここを左に下り、300mほど行くと右手に墓所があります。


道路右側に、傘の着いた立派な墓が並んでいます。


大小合わせ9基の墓石がありました。


四代 半七の墓です。


五代 孫右衛門の墓です。


七代 半五郎の墓です。

 この墓所は寺田寅彦生誕百年にちょうど発見されたそうで、旧大野見村では村文化財に指定していました。

TopPage寅彦と先祖たち>宇賀家先祖の墓所