寅彦と先祖たち


 寺田家系図 ...寺田寅彦の家系は少し複雑です。吉村冬彦というペンネームも系図を見て初めて納得です。
              (別窓に開きますので他の項目と同時に見ることができます。)
 

 寅彦夫婦と父母の墓所 ... 他の先祖とは離れて、高知市久万の墓参しやすい山裾にあります。
 

 寺田家先祖の墓所 ... 寅彦たちの墓所を山上に登ると、早世した姉や、祖父などの寺田家の先祖が眠る墓所があります。
 

 宇賀家墓所 ... 寅彦の父の実家の墓所です。土佐勤王党の結党のきっかけとなった井口刃傷事件の犠牲者、宇賀喜久馬の墓もあります。
 

 宇賀家先祖の墓所 ... 中土佐町大野見にある宇賀家先祖の墓所です。長らく不明だったのですが寅彦生誕百年に確認されたそうです。
 

 別役家墓所 ... つつじヶ丘団地の最上部の尾根にある宇賀家墓所のすぐ隣です。寅彦の伯母や姉が嫁いだ家で、甥の儁とはよく遊びました。
 

 一海和尚の墓 ... 吉村家から出た大和尚。廃れていた室戸岬の最御崎寺を再興した人で、寺の代々の和尚たちの墓所にあります。

 安岡又彦の墓 ... 寅彦の叔父は安岡家から別役家に養子に入り、従兄は逆に安岡家に養子に入っていて、寺田家とはよく交流していたと思われます。

 お墓について・・・よく、お墓は恐いとか、たたるとか言う人がありますが、それは自分の内心の問題だと思っています。平常心で墓地を訪れ一礼し、花をたむけなくても少し苔を取り払ったりするなど敬意をもっていれば、暖かく迎えていただけると思います。そうして私は多くの墓を訪れてきました。
 墓はその人がこの世に生きた証として、後に残された子孫や弟子などの人々が哀情や感謝などの思いを込めて建立したものであり、自分の親戚に限らず他人でも、訪れてその人や周囲の人たちに思いを巡らせることは供養になるいいことだと思います。

寺田寅彦記念館友の会Top