TopPage寺田寅彦年表>竹崎家(高田屋)

竹崎家(高田屋)


2012年3月に奈半利を訪れました。


これは明治23年ごろの建築の竹崎家の蔵及び主屋です。
竹崎家は明治時代に樟脳の生産に携わり巨利を得、三代目は
自由民権運動から政界に入り商社などの事業を興した。
四代目は東大を出て大蔵省。寺田寅彦とは中学、高校、大学と
続く親友で、寅彦と同じく夏目漱石に習っている。


ここではゆったりと庭をながめながらお茶を飲むことができます。


また、竹崎家に伝わる資料や物品がたくさん展示されています。
特に、左壁に写真のある竹崎音吉は寺田寅彦とは同級の
親友であり、やりとりした手紙や写真が展示されています。
竹崎家(高田屋)蔵資料館と名付けています。


これらの資料のうち一部は県立文学館の寅彦記念室にも
寄贈し展示されているそうです。
また、寺田寅彦を熱心に研究し出版された山田一郎氏が
何度もここに来て取材していったことなど、マスターの竹崎氏
にはお話しいただき、お忙しい中ありがとうございました。

TopPage寺田寅彦年表>竹崎家(高田屋)